2018ドラフト候補・日本文理の鈴木裕太とは?球速や動画など

   

鈴木裕太投手は、日本文理に所属している投手で、1年生で148km/hを出すなどし、下級生のころから注目されている投手です。ここでは、この鈴木投手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・181cm/87kg(182cm/86kg?)
  • 投打・・右投げ右打ち
  • 高校・・日本文理高校

181cm/87kgと非常にがっしりした体格を誇る右投げ投手です。中学時代は新潟市立の小針中学校に通い、新潟シニアでプレーしていました。シニア時代に球速が速くなったようです。中学時代から最速142km/hを記録するなど注目を集めていた投手です。

高校は日本文理に進み、1年秋には5試合にリリーフ登板するなど、下級生のころから名門チームの一角を担っています。2年時は故障で足踏みしましたが、夏予選から復帰して2度登板し、先発も任されています。夏の甲子園でも問題はないようです。球速も140km/h台後半を計測することもあり、非常に奪三振も多く、好素材として注目されています。

球速や球種

鈴木投手の最高球速は148km/h(1年秋に計測)となっています。大きな体格から想像される通りのピッチングで、力で押していく投球スタイルのようです。奪三振能力が高く、1年秋にはイニング数を大きく上回る三振を記録しています。

まだ荒っぽいところは残りますが、腕の振りもよく力のあるストレートを投げられます。変化球はカーブ、スライダーやスプリットがあり、これらの変化球で三振を奪うこともできます。1年時には変化球の制球力を上げたいというコメントも残しており、変化球の更なる向上にも期待したいです。

ドラフト候補?

鈴木投手は2018年にドラフトイヤーを迎えます。既に1年時に148km/hを記録するなどしており、プロも注目していると思われドラフトで指名される可能性は十分ありそうです。

早くから球速が注目される投手の中には伸び悩んだ投手もいるので何とも言えませんが、順調に行けばプロからの注目を更に受けるのは間違いないでしょう。ドラフトまでどのような成長を遂げるのか期待したいと思います。後は、力投派ということもあり怪我には気を付けて欲しいですね。

投球動画

最後に鈴木投手の動画を紹介します。

 

2年夏の予選時の動画です。動画で見ても体格の良さを感じる投手です。足を高く上げる投球フォームをしています。

 

 - 高校野球