高岡商・伏見拓真投手とは?球速、球種は?ドラフト候補?

      2017/08/08

伏見拓真投手は、春の選抜にも出場する高岡商業の投手です。現在は背番号10をつけていますが、プロからも注目されている投手のようです。ここでは、そういった伏見投手について調べてみました。

プロフィール・経歴

  • 身長/体重・・189cm/78kg
  • 中学校・・南星中
  • 高校・・高岡商業
  • 出身・・富山県高岡市

木津小→南星中に通い、小中時代は軟式野球をやっていたようです。もともとは野手でしたが、身長の高さなど投手向きの体格を買われ高校から投手を始めました。

高岡商業では2年春からベンチ入りし、背番号13をつけていました。今でも背番号10をつけていますが、富山大会では準決勝と決勝で先発するなど背番号10の投手としては非常に多くの登板機会を得ています。

同じ高岡商の山田投手についてはこちら

球種や球速

伏見投手の球速はMAX135km/h程度と、甲子園に進む投手としてはそこまで速い方とはいえません。変化球はスライダーやカーブなどを持っており、これらの変化球とのコンビネーションで勝負するタイプの投手です。

秋の成績

秋の大会では通算30回1/3を投げ防御率は2.97となっています。決勝の福井工大福井戦で6失点と炎上しましたが、それまでに先発を任された試合では長い回を投げぬいています。秋は背番号10の投手とはいえ、それなりに多くの試合を任されており信頼もある投手です。

被安打は21(被安打率6.23)と比較的低く抑えており、四球数も12個(四球率3.56)と許容範囲といえる数字です。奪三振は30個奪っており、イニング近い数です。このような成績を見てみると、投球内容も悪くなさそうです。

ドラフトにかかる?

左腕ならまだしも、右腕でMAX135km/hほどなので、春にかなりパワーアップしていなければ現状でドラフト候補として考えるなら球速が物足りない感はあります。それでも恵まれた体格をもつなど、素材としての評価は高く、プロのスカウトのコメントも出ています。

本人は「社会人野球で活躍したい」というコメントを残しています。志望届を出せば下位~育成枠あたりで指名されるかもしれませんが、このコメントからすればその道を選ぶよりは大学社会人へ行こうと考える可能性が高そうです。

実際に高校からプロに行く欲があるのかはわかりませんが、まずは大学や社会人でさらに力をつけることを考えても悪くないでしょう。体格に恵まれていますし、大学や社会人でさらに伸びれば、社会人で長く活躍したり、或いはプロ行きの可能性も出てくるでしょう。

高校時代は無名でも大学や社会人で伸び、ドラフトで上位指名された例も多くあります。伏見投手もそのような可能性は十分ありえる投手ではないでしょうか。

家族構成は?

母や姉がYahooの検索候補に出てきたので調べてみましたが、特に情報はありませんでした。今後の活躍次第では、脇役ともいえる家族の存在にもスポットが当たるかもしれませんね。

投球動画

最後に伏見投手の投球動画です。阪神の藤波投手を参考にフォームを作っているようです。

プロスカウトには体重移動や体格を使いきれていないと評されており、課題もまだあるフォームですが、肘が柔らかく、バランスも悪くなく見えます。まだ投手歴が浅いので、その辺の課題はあって当然だと思います。

何より189cmという身長もあって角度があり、前述のスカウトも「角度があって今後が楽しみ、スピードはさらに伸びる」といった評価をしています。素材の良さもあり、少なくとも140km/hは近いうちに超えてきそうです。今後の伸びしろもありそうで、楽しみな投手です。

 - 高校野球