鵬翔高校の部長・長田夏美さんとは?中学や高校時代は?

   

長田夏美(おさだなつみ)さんは、女性ながら鵬翔高校という高校で部長を務めています。以前は女子の中学生が完封勝利を収めたことも話題になりました(こちら)が、野球における女性の活躍は選手だけではありません。

以前の女子マネの出入りの問題もありましたが、高校野球などのアマチュア野球において女性が活躍する場面もいくつもあるようです。ここでは、その例のひとつである長田さんについて調べてみました。

長田さんの経歴

  • 中学・・宮崎第一中学
  • 高校・・埼玉栄高校
  • 大学・・東海大学

長田さんは女子野球の名門ともいえる埼玉栄高校の女子野球部出身で、大学は東海大学に進んでいます。東海大学では教養学部に所属しつつ、野球部の学生コーチを務めていたようです。中学は宮崎第一中というところで、宮崎リトルシニアというチームにも所属していました。

埼玉栄高校でのポジションは内野手でした。右投げ右打ちで主にセカンドを守っていたようです。身長は150cm程度と女子選手の中でも高い方ではありませんが、野球への思いは誰よりも大きなものがありそうです。

所属する鵬翔高校について

鵬翔高校は監督も野球未経験者で、監督、部長共に異色の経歴を持っています。鵬翔高校の久保監督はもともとラグビーを指導していましたが、廃部になったことにより野球部へ移動し、そこから副部長や部長を経由して2014年から監督になったようです。

そういった久保監督は長田さんのことを「戦術面などで助けてもらっている」と評しており、良い関係を築けているように思われます。野球の技術も高く、ノックなども務められる部長です。

そういった鵬翔高校ですが、2016年の秋の大会では高千穂高校を破って宮崎の県大会で優勝し、九州大会でも準々決勝まで勝ち上がるなどしたチームです。準々決勝では秀岳館に敗れ甲子園出場はなりませんでしたが、決して色物的なチームではないことがわかります。

最後に

野球未経験の監督と女子の部長とだけ聞くとあまり強くないチームに見えるかもしれませんが、県大会で優勝するなど非常に優れたチームであることに、選手はもちろん監督や長田さんの努力も伺えます。これからの鵬翔高校にも注目です。

 - 高校野球