ドラフト候補?報徳学園の西垣雅矢とは?球速や球種、出身など

      2017/04/02

西垣雅矢投手は、高校野球でも名門の報徳学園に所属する投手です。甲子園でも良い投球を見せ、春の甲子園ではチームをベスト4に導きました。ここでは、この西垣投手について調べてみました。

 経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・183cm/70kg
  • 投打・・右投げ左打ち
  • 出身・・兵庫県朝来市
  • 高校・・報徳学園

身長183cmと上背がある一方で、体重は70kgと細身な投手です。出身は兵庫県の朝来市で、中学時代は朝来市立の梁瀬中学校に通い、軟式野球部に所属していたようです。高校は同じ兵庫県屈指の名門・報徳学園に進学しました。

報徳学園では2年生から控え投手となり、新チームとなった秋からはエースとして投げるようになりました。秋の地方大会ではすべての試合で先発するなど、報徳にとって欠かせない投手に成長しています。

2016~2017年の投球内容・成績

秋の地方大会での成績は以下のようになっています。

11試合73イニング/被安打58/与四死球16/奪三振42/防御率1.72

春の甲子園での成績は以下のようになっています。

4試合25イニング/被安打16/奪三振25/与四死球12/防御率1.44

秋季大会、甲子園ともに素晴らしい防御率を残しており、被安打もイニングに比べると少ないなど名門の背番号1というだけあって良い投手だと感じます。甲子園では四死球が予選に比べると増えているのは気になりますが、イニングと同じ数の三振奪っているのも評価できます。一方で予選では四死球、奪三振の数は共に少な目になっています。

球速や球種

西垣投手の最高球速は春の甲子園で叩き出した143km/hです。甲子園におけるデータを見てみると、常時130km/h後半から時々140km/h以上も記録しています。一冬超えて秋までは130kmh台だった直球も140km/hを超えるまで成長したようです。奪三振の数が増えていることに、その成長の跡が感じられます。

変化球は120km/h後半程度のスライダーやフォークをメインに投げます。稀に緩いカーブを投げることもあるようです。

ドラフト候補?

秋季大会でも視察しに来るスカウトがいるなど、ドラフト候補としても挙げられる投手です。まだ線が細いので体づくりが必要になりそうですが、将来性もある投手なのでプロを志望すれば上位指名かは別としても指名される可能性は十分ありそうです。

夏まで大きく成長しない限り上位指名といった感じではないと思いますので、大学社会人でさらに力をつけることを考えるのかもしれません。今後の進路にも注目したいと思います。

投球動画

最後に西垣投手の投球動画です。

 

甲子園で投げているときの動画です。オーソドックスですが、柔らかさを感じるフォームです。

 - 高校野球