明徳義塾の市川悠太投手とは?球速は?ドラフト候補?

   

市川悠太投手は、高知県屈指の名門である明徳義塾に所属している投手です。サイドスロー気味のフォームが特徴的で、下級生の時から登板機会を得ています。ここでは、この市川投手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・183cm/70kg
  • 投打・・右投げ右打ち
  • 高校・・明徳義塾高校

183cm/70kgと、やや線は細いですが高校生としては良い体格を持った投手です。中学時代は高知市立の潮江中学校に通っていました。

高校は明徳義塾へ進学し、1年時からその実力が評価され登板機会を得ていきます。最初は結果を残しましたが、制球面の不安も露呈し春の甲子園では登板なしに終わりました。そのこともあって腕を下げたサイドスロー気味のフォームにしたのがはまり、制球面も良くなったようです。

そのこともあって2年夏の予選では安定したピッチングを見せ、夏の甲子園でも登板機会を得ました。新チームになれば明徳のエースとしてさらに注目される可能性の高い投手です。

球速や球種

市川投手は予選の試合でも甲子園でも最速で141km/hを記録しており、このあたりが最速といえそうです。常時でも130km/h後半~140km/hほど記録でき、キレのある直球を投げ込むことができます。

変化球はスライダーやチェンジアップなどがあります。腕を下げて制球が安定し、夏の予選では11回2/3で3四死球(四死球率2.31)とコントロールの良さも持ち味です。

ドラフト候補?

市川投手は現在(2017年夏)2年生なので、ドラフトイヤーは2018年になります。まだ球速面などを考えればプロへというよりは現状だと大学進学or社会人タイプかもしれませんが、もう一段階伸びればドラフト候補として注目を集める可能性も十分ありそうです。

コントロール等も悪くなさそうなので、そういうところも武器にしつつ球速を上げたりボール1つ1つをレベルアップできれば良いかなと思います。新チームになってからどのようなピッチングを見せてくれるか注目です。

投球動画

最後に市川投手の動画を紹介します。

 

前で述べたようにサイドスロー気味のフォームをしています。まだやや線は細いですが、柔らかさが感じられるフォームです。

 - 高校野球