秀岳館の川端健斗投手とは?球速や球種は?ドラフトは?

   

川端健斗投手は、熊本県の秀岳館高校に所属している投手で、同学年の田丸投手と並んで秀岳館の二枚看板として、2017年のドラフト候補として注目されている投手です。ここでは、この川端投手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・175cm/70kg
  • 投打・・左投げ左打ち
  • 高校・・秀岳館高校

175cm/70kgとそこまで目立つ体格ではありませんが、ダイナミックなフォームから140km/h超を叩き出せる力投派サウスポーです。

京都府の出身で、中学までは京都に住んでいたようです。中学校は木津川市立木津中学校に通い、南都ボーイズでプレーしていました。

高校は熊本の名門・秀岳館へはるばる入学し、1年秋からベンチ入りします。2年の夏には甲子園で最長5イニングとはいえ3試合に先発するなど、下級生の時から多くの登板機会を得てきました。次の春の甲子園ではサウスポーながら最速148km/hをマークするなどし、プロからも注目を受ける存在となっています。

球速や球種

川端投手の最高球速は148km/hとなっています。アベレージでも140km/h前後を刻め、スピードだけでなく切れのあるストレートを投げることができます。

変化球はスライダーやカーブ、チェンジアップといった持ち球があります。スライダーなどの球でも空振りを奪うことができ、今夏の地方大会では28回2/3で37奪三振を記録するなど奪三振能力も高いです。予選で与四球率が4を超えるなどまだ制球力等に課題はありますので、この辺りを克服できればさらに良い投手になりそうです。

ドラフトでは?

川端投手は2017年のドラフト候補としても注目されています。特にこの年は高校生投手の上位候補が少なく、彼のような投手は魅力的に映ります。まだ粗削りとはいえ、サウスポーで投げているボールも魅力的なので、志望届を出せば上位~中位で指名される可能性は十分ありそうです。

好素材である一方で、まだコントロールなどに課題があること、体格や投球フォームからくる故障の心配などリスクも大きめに感じるので、球団の方針などによって評価が分かれてきそうな投手です。

ドラフトでどこが指名するかは当日になってみないとわかりませんが、このようなことも考えると、ある程度戦力的に余裕のあるチームやリスクよりまずは素材の良さを重視する方針のチーム(イメージで言うとソフトバンク、西武など?)が指名することになる可能性が高いのかなと思います。

投球動画

最後に川端投手の投球動画を載せておきます。

 

右手を大きく上へ掲げる特徴的なフォームをしています。肘の使い方も柔らかいですが、投げるときに無理に角度をつけている感もあるので故障のリスクが気にはなります。

楽天の松井祐樹投手をほうふつとさせるフォームで、将来的には彼のような投手になる可能性もありそうですし、今後どのような成長曲線を描くか期待してみてみたい投手です。

 - 高校野球