ドラフト上位候補?九産大の草場亮太とは?球速や成績は?

      2017/09/10

九州産業大学の草場亮太投手は2017年のドラフトで上位候補と目されている投手です。ここでは、そういった草場投手について調べてみました。

 経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・183cm/75kg
  • 出身・・佐賀県
  • 高校・・伊万里商業高校
  • 大学・・九州産業大学

佐賀県出身で、佐賀の伊万里商業高校を経て九産大へ進学しています。甲子園経験はなく、最後の夏は2回戦で敗退しましたが、高校時代からプロも注目していた選手です。高校2年までは内野手でしたが、2年夏から投手へ転向しています。

主戦として登板したのは3年秋が初めてで、1年春に1試合に投げた後は肩痛によってしばらく登板がない時期が続きました。その後、3年春には再びマウンドに上がり5試合に投げ防御率はいまいちでしたが、3年秋から主戦投手として5試合に投げ防御率1位でベストナインを獲得するなどしています。

183cm/75kgとプロとしてはやや線が細いですが、直球の最速は150km/hを超えるなど能力は高く評価されています。

球速や球種

現在の最速は151km/hとなっており、先発でも140km/h台を連発できるスピード能力があるため、球速はドラフト候補としても良い部類になると思います。

主な武器は直球ですが、他にもスライダーやチェンジアップ、100km/h台の緩いカーブも投げます。

成績

3年秋は5試合32回1/3を投げ、3勝1敗、防御率は1.39と破格の数字となっています。この防御率はリーグトップで、地方のリーグとはいえ能力の高さが伺えます。なお、ブランクもあって万全な状態ではなかったのか、3年春は5試合20イニングで防御率は4点台となっています。

4年春は42イニングで防御率2.79と、悪くはないですが3年秋からは数字を落としています。

ドラフト上位候補?

既に西武がリストアップしたとされる記事が出るなど、主戦として投げたのが3年秋が初めてながら能力を高く評価されています。肩を痛めたのは気になりますが、3年秋には防御率1位を獲得するなど復活を遂げており、今後再発しなければ大きなマイナスになることはないでしょう。

まだ即戦力としては絶対的ではなさそうで、今後の伸びしろ込みの評価になりそうですが、安定して球速を出せるなど素質は高く評価されています。いずれにせよ、4年で大きく劣化しなければドラフト指名は確実な投手だと思います。4年生での投球次第では上位指名の可能性も高い投手で、場合によっては1位12名に入ってくる可能性も考えられます。

参考:2017年ドラフトの上位候補

後はやはりプロの長いシーズンを考えれば、まだ大学に入って1年通しで主力として投げた経験がないため、4年生の1年間でしっかり投げ切れるか、どのような成績を残すかが今後さらに評価を上げれるかどうかの分かれ目になりそうです。

 - 大学野球