強打の捕手・九州学院の村上宗隆とは?中学やドラフトは?

      2017/06/23

村上宗隆捕手は、九州学院に所属している選手です。1年生からレギュラーを取っており、2017年のドラフト注目株の1人でもあります。ここでは、この村上選手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・187cm/93kg
  • 投打・・右投げ左打ち
  • 出身・・熊本県熊本市
  • 高校・・九州学院

187cm/93kgと高校生離れした体格をした大型捕手で、捕手としては珍しい左打ちの選手です。熊本県熊本市出身で、中学時には熊本東リトルシニアで捕手としてプレーしていました。出身中学は熊本市立の長嶺中学校です。

高校は九州学院に進み、名門中学ながら1年春からファーストのレギュラーを掴み、スーパー1年生として注目を集めます。夏には甲子園にも出ましたが、このときには4打数無安打に終わってしまいました。1年秋からは再度捕手としてレギュラーを掴み、強打の捕手として活躍しています。アメリカの野球界のヒーローであるベーブ・ルースになぞらえ、『肥後のベーブ・ルース』という愛称があるようです。

ドラフトでは?

現状2017年度の高校生捕手ではNo1評価をされていると思われる選手で、ドラフトでも上位指名の可能性も十分あります。強打の左打ち捕手という希少性もあり、志望届を出せば高い評価でプロ入りしそうです。

練習試合では130mの特大ホームランを放ち、スカウトを唸らせました。このとき、西武はスカウト6人態勢で視察していたようです。2017年度の高校生といえば清宮や安田が長距離砲として注目されていますが、村上選手もその強打で徐々に注目を集めています。

あとは捕手としての守備力がどの程度なのかは気になりますが、ファーストや外野に移ることになると価値は下がってしまうので捕手としてプロでやっていけると判断されるかどうかも評価を左右しそうです。

個人的には、近年の打てる捕手の少なさもあり、故障などがなければ安易なコンバートは避けてほしいと感じます。勿論チーム事情等も絡むので何とも言えないのですが・・。

プレー動画

最後に村上選手の動画を紹介します。



上が1年時、下が3年時の動画です。

 - 高校野球