将来のドラフト注目選手・大阪桐蔭の根尾昂!球速、中学時代など

   

根尾昂選手は、高校野球の名門である大阪桐蔭に所属する選手です。中学の時から有名だった選手で、中学生で146km/hを記録するなどスーパー中学生として注目を集めました。ここでは、この根尾選手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・178cm/75kg
  • 投打・・右投げ左打ち
  • 出身・・岐阜県
  • 高校・・大阪桐蔭高校

178cm/75kgと、特別大きくはないとはいえ高校生としてはまずまずの体格を持っています。岐阜県出身で、中学時代は飛騨高山ボーイズに所属していました。冒頭で述べた通り中学3年時に中学生としては異例といえる146km/hを記録するなどし話題を集めました。

そんなこともあって多くの高校から誘いを受けたと思われますが、高校は大阪の名門である大阪桐蔭を選びました。1年の秋ごろから公式戦でも出場しはじめ背番号9を獲得、そして2017年春の甲子園では背番号7をつけ、スタメンで活躍しています。

投手のほかに内野手、外野手をこなせる選手としてすでに高校野球でも活躍しています。最初は外野手中心でしたが、ショートを守る機会も増えています。ショートは初挑戦ながら無難にこなしているようで、センスの高さが伺えます。

投手としては徳山投手(こちら)など他にもいい投手がおりいまのところは控えですが、状況次第で守備位置からマウンドにも向かうこともあります。秋に新チームになれば、さらに登板機会を増やす可能性も高そうです。

球速や球種

最高球速は146km/hのようです。甲子園の投球データから見ると、ストレートはアベレージで140km/h前半~中盤を記録しており、高校生としてはかなりのスピード能力があることがわかります。変化球は甲子園ではいまのところスライダー(125km/h程度)しか投げていないようですが、他にもといった球種も持ち球にあるようです。

将来は?

既にプロの世界からも注目を集めています。中学生で146km/hを記録した投手としてはもちろん、野手としての才能を評価する向きもあります。甲子園ではショートやセンターなど価値の高いポジションを守っており、体格の割にスイングが速くバッティングセンスもあるため野手としても楽しみな選手です。

投打ともに優れた選手といえば二刀流として話題になっている大谷などが思い出されます。日本人としては異次元といえる大谷ほどのスケールはなさそうですが、投打共に高い能力かつセンスのありそうな選手なので将来投打どちらで勝負するのかも注目です。

まだ2年生になったばかりなのでドラフトどうこうは早いかもしれませんが、順調に成長すれば高い評価でプロ入りする可能性が高そうな選手です。

そのほかの素顔もすごい!

根尾選手は中学時代は生徒会長を務めたり、成績もオール5だったようです。また、スキーをやっていたこともあり、スキーでも優勝した経験があるようです。単に野球ができるだけではないハイスペックかつ努力家であることが伺えます。

今後上のレベルで成功していくには才能だけでなく努力する力、考える力などが必要になってくるでしょうが、こういったことを見ているとそのへんは心配しなくても良さそうですね。

プレー動画

最後に根尾選手の動画を紹介します。

 

1つめが中学生の時、2つめがピッチング練習、3つめが試合でホームランを打ったときの動画です。言うまでもありませんが、中学生のときから素晴らしい球を投げていることが伺えます。打つ方では早めに始動し、足を高く上げる一本足打法のような打撃フォームが特徴です。

 - 高校野球