ドラフト候補・横浜高校の増田珠とは?読み方、家族や中学時など

      2017/07/29

増田珠選手は、松坂大輔投手や筒香嘉智選手などをOBにもつ名門・横浜高校に所属する選手です。ここでは、そういった増田選手についてみていきたいと思います。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・180cm/81kg
  • 投打・・右投げ右打ち
  • 出身・・長崎県
  • 高校・・横浜高校

180cm/81kgと、高校生としては優れた体格を持っている右打ちの外野手です。名前は珠とかいて「しゅう」と読みます。

長崎県出身で、中学時代は長崎シニアに所属し、投手兼センターとして活躍していました。中学校は長崎市立の淵中学校に通っていたようです。中学時代にはU-15日本代表で4番打者を任された経験もあり、当時から注目されていた選手です。

恐らく多くの高校から誘いがあったと思いますが、高校は高校は長崎県からはるばると名門・横浜高校に進学しました。ここでもすぐに頭角を現し、1年の夏ごろにはレギュラーを獲得します。2年の春頃に疲労骨折で一時離脱しましたが夏には再びレギュラーになり甲子園にも出場しました。現在は高校生でもトップクラスの外野手としてプロからも注目される存在になっています。

ドラフト候補?

増田選手は名門の横浜高校で1年生からレギュラーを取るなど確かな実力を持っており、2017年のドラフト候補といえる存在です。今のところ同じ高校3年生の清宮選手や安田選手ほどまではスポットが当たっていませんが、実力的には上位指名の可能性も十分考えられる選手です。

参考:2017年ドラフト上位候補

特に打力が持ち味で、三振が非常に少なく(16年の夏予選などでは三振0を記録しています)逆方向に長打を打てるなど非常に高い打撃センスをもちます。三振しないということはそれだけバットに当てる能力が高いということなので、プロでもアベレージを残せることが期待できるのではないでしょうか。

1塁到達4.4秒程度を記録する走塁面もまずまずで、守備でも中堅を無難にこなして肩も良いなど走攻守を高いレベルでこなせるプロが好みそうな選手です。右の外野手は全体的に不足気味で、余剰気味の左打ちに比べれば評価が上がりやすいことも追い風になりそうです。夏にどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

家族や彼女は?

増田選手は父親の影響で野球をはじめたようです。母親の増田美徳さんも、怪我で試合に出れないときに励ましのメールを送るなど、精神面で支えてきたようです。高校球界屈指の外野手になれたのは、本人の努力は言うまでもないですが、両親の力も大きかったのでしょうね。

彼女に関することが検索候補にも挙がっており調べてみましたが、その情報は探してもなさそうでした。まあドラフト上位候補の選手で野球漬けだと彼女作る余裕はなさそうですが。

プレー動画

最後に増田選手の動画を紹介します。

 

2年夏のときの動画です。

 - 高校野球