侍戦で先発?中国代表・ブルース・チェン!球速や球種、成績等

      2017/03/05

ブルース・チェンは今回のWBC中国代表にも選ばれている投手で、中国代表の中では屈指の実績を誇ります。ここでは、そういったチェン投手を紹介します。

経歴・プロフィール

  • 生年月日・・1977年6月19日
  • 身長/体重・・188cm/95kg
  • チーム・・ロイヤルズなど、現在はフリーエージェント

1993年にアトランタ・ブレーブスと契約し、1998年にMLBデビューを果たしました。MLBへ到達してからは先発中継ぎの両方をこなし、多くのチームを渡り歩きました。トレードや放出→マイナー契約を繰り返し、最後のクリーブランド・インディアンズまで実にMLBでは11球団のユニフォームを着た、いわゆる「ジャーニーマン」です。

2015年にはインディアンズとマイナー契約からメジャーへ昇格しましたが、2試合に先発して打ち込まれDFAされ、その後引退を表明していました。それ以降はどこのチームにも所属していませんでしたので、今回のWBCが久しぶりの実戦となりそうです。今回の中国代表については以下のページをご覧ください。

日本と第3戦で対戦!WBC中国代表とは?メンバーや注目選手は?

MLBでの成績

MLBでは通算で17年間プレーし、400試合(うち先発227試合)に登板して82勝81敗、防御率4.62という成績を残しています。

先発とリリーフ両方をこなし、抜群の成績ではありませんが、左腕ということもあり便利屋的な存在でもあった投手です。最近でいうと2010~2013年にはロイヤルズの先発ローテに入り、2010~12年まで3年連続2桁勝利も挙げています。

球速や球種

2013年~2015年のデータを見てみると、チェン投手はファストボールでも球速は85~88mph(約137~142km/h)程度とさほど速くありません。

変化球はスライダー(82mph=約132km/h前後)、シンカー(84mph=約135km/h前後)、チェンジアップ(76mph=約122km/h前後)、カーブ(73mph=約117km/h前後)などを投げ、ファストボールよりもスライダーやシンカー、チェンジアップなどをよく投げる軟投派です。

以前はパナマ代表?

チェン投手はパナマ生まれのパナマ人で、2006年と2009年にはパナマ代表にも選ばれています。中国系のパナマ人ということで、今回は中国代表でプレーすることになったようです。サッカーなどだと一度代表でプレーすればそこから別の国でプレーすることはできませんが、野球の場合は結構その辺は緩いようです。

日本戦で投げる?

チェン投手は4日の親善試合(オリックス戦)で先発しています。そのため、日本戦でだれが先発するかは不透明ですが、日程的に言えば10日の日本戦で先発してくる可能性も考えられます。

ブランクはありますがもともとMLBでの実績もありますし、実際に日本戦で出てくるとなれば厄介な存在になるかもしれません。打てそうで捕まえられない・・というパターンにハマらないよう・・。

投球動画

最後にチェン投手のMLB時代の動画を貼っておきます。

 

いずれもロイヤルズ時代の動画です。

 - WBC