元慶応大、広島カープの加藤拓也!評価やインタビュー、高校など

   

加藤拓也投手は、広島東洋カープに所属する投手です。2016年のドラフト外れ外れ1位でカープに入団しました。ここでは、この加藤投手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・175cm/90kg
  • 投打・・右投げ右打ち
  • 出身・・東京都
  • 生年月日・・1994年12月31日
  • 大学・・慶応義塾大学

175cm/90kgと上背はありませんが非常にがっしりとした体格をもっています。12月31日(大晦日)生まれで、野球を始めたのは小学校2年生のときです。中学時代には杉並シニアに所属し、そのときに関東選抜に選ばれた経験もあるなど当時から力のある投手だったようです。中学は中野区立第八中学校の出身です。

高校は慶応義塾高校に進み、はじめは捕手でしたが投手に転向し、3年生になるとチームのエースを務めました。甲子園経験はありません。

大学は慶応義塾大学に進み、1年春から登板機会を得て秋からは10試合に登板して防御率でリーグ8位を記録するなど結果を残します。2年春には防御率0.87でリーグ1位を記録し、その後も安定した成績を残し続けました。大学時はウエイトトレーニングを徹底し、今のがっしりした体格を作り上げたようです。

このような実績もあってプロからも注目され、ドラフトでは広島カープに外れ外れ1位で指名されました。大学での通算成績は57試合で20勝10敗・防御率1.92・奪三振235となっています。

4/7のノーノー未遂

加藤拓也投手は2017年の4/7、ヤクルト戦に先発して公式戦デビューを果たしました。ここでは9回1アウトまでヒット0本に抑えるナイスピッチングを見せ注目されています。

投球内容は8回1/3で135球を投げ2安打、7四死球、7奪三振で自責点は1になっています。9回にヒットを2本打たれノーノー達成はなりませんでしたが、今回のピッチングは多くのプロ野球ファンの関心を惹いたのではないでしょうか。四死球が多くなり、ヒットは打たれていなくても結果として球数が増えてしまうなど多少の課題はありますが、今後に期待したいと思わせる投球です。

ノーノー経験がある?

加藤投手は大学時代にもノーノーを達成した経験があります。達成したのは2016年の9月18日で、相手は東大でした。この時は自らも2ランホームランを打つなど、攻守に大活躍した日でした。いずれプロでも、ノーノーを達成してほしいですね。

球速や球種は?

加藤投手の最高球速は153km/hで、アベレージでも140km/h中盤~後半を叩き出せる投手です。変化球は130km/h中盤程度のフォーク、130km/h程度のスライダーなどを持っています。

評価は?

大学時代からドラフト上位候補として名が挙がるなどそれなりに注目されており、カープから外れとはいえ1位で指名されるなど大学時代から評価されていた選手です。

オープン戦では2試合10イニングを投げ被安打7、与四死球5、奪三振8、防御率2.70とまずまずのピッチングを見せていましたが、開幕ローテには入りませんでした。それでもエースであるクリス・ジョンソンが登録抹消されたことにより代役として登板し、開幕ローテ以外の先発投手でいえば序列は高かったようです。

もともとコントロールがあまりなく、四球が増えてしまう(ノーノー未遂のときも7四死球を記録しています)といった欠点はありますが、威力のあるストレートなどボール1つ1つ自体は良いものをもっています。初登板時のピッチングにより評価をあげたことは間違いないでしょうし、今後どのようなピッチングを見せてくれるのか注目したいと思います。

インタビューについて

加藤投手はOP戦のときにふてぶてしいインタビューで話題になりました。このときは答えづらい質問をぶつけるインタビュアーや加藤投手の対応に批判もありました。

それでも、その後の初登板時のインタビュー↓を見ていると良いインタビューだなと感じます。すごく充実している感じの表情がいいですね。プロにもなればマスコミ対応など大変でしょうが、自分を大切に頑張ってほしいところです。

投球動画

 

上から順番に高校時代、大学時代、プロ入り後の動画です。右のオーバースローの投手で、プロではあまり見ない感じの荒々しさも残るフォームです。

家族や彼女について

彼女に関する情報はほとんどありませんでしたが、家族に関しては少し情報がありましたので紹介します。

  • 父親の弘志さんは野球経験はありませんが、シニアなどで審判をした経験などがあるようです。
  • 母親の裕子さんはスポーツで素晴らしい結果を残した経験があります。母親は水泳をやっていましたが、中学の時に自由形で全国制覇、高校の時もインターハイの個人メドレーで全国制覇など素晴らしい実績をもっています。オリンピックも一時は意識したようですが、現在は調理師として働いているようです。
  • 姉の絵里さんは現在は中学校で教員をしています。大学はあえて学費のかからない大学に行くなどし、加藤投手が慶応にいけるよう金銭面でも家族をサポートしたようです。

成績はオール5?

加藤投手は、荒々しいフォームとは裏腹に学生時代から成績が良かったようで、成績はオール5を記録したとか。プロ入り後は才能だけでなく考える力など色々な力が必要になりますが、そういったことを聞くとプロでも伸びていけるんじゃないかという気がしますね。

 

 - プロ野球