西武に入団・元マーリンズのスティーブン・ファイフとは?

   

プロ野球の埼玉西武が、新外国人としてスティーブン・ファイフ(Stephen Fife)投手を獲得したようです。ここでは、このスティーブン・ファイフについて調べてみました。

経歴・プロフィ-ル

  • 身長/体重・・191cm/100kg
  • 生年月日・・1986年10月4日
  • 投打・・右投げ右打ち
  • 前チーム・・マーリンズ3Aニューオーリンズ

2008年にレッドソックスから3巡目(全体85位)で指名されプロ入りした選手です。その後2011年に三角トレードでドジャースへ移籍し、2012年にMLBデビュー、2013年にはMLBで10試合に先発しましたが、翌2014年には1登板のみで、シーズン途中にトミー・ジョ手術を受けました。

このこともあり、2015年はフリーエージェントで1年をすごすことになります。翌2016年はカブスとマイナー契約、2017年はマーリンズとマイナー契約しましたが、MLBでの登板はありませんでした。

3Aでの成績

2017年のシーズンは3Aで以下のような成績を残しています。

12試合12先発/65.2イニング/被安打78/18与四球/52奪三振/防御率3.97

防御率がやや高いですが、投低のPCLでの成績なことも考える必要はありそうです。被安打が軽くイニングを上回っているのが気になりますが、BB/9が2.47とコントロールが良さそうなのは評価できるポイントでしょう。

SO/9は7.13と目立つほどではありませんが、まずまず三振を取る力もありそうです。なお前年の2016年は、トミージョン手術明けなこともありR級とAAAで計10試合で防御率4点台と目立った成績は残していません。

MLBでの球種、球速

間にトミージョン手術を挟んでいるので多少モデルチェンジしているかもしれませんが、MLBではファストボールの平均球速は89.3mph(約144km/h)の直球に加え、平均78.3mph(約126km/h)のカーブ、平均84.7mph(約136km/h)のチェンジアップを主に投げています。他に投球数は少ないですが、ツーシームやスライダーといった球種も記録されています。

投球動画

最後にファイフ投手の投球動画です。

 

いずれもドジャース時代に先発した際の動画です。

 

 - 新外国人