創志学園の難波侑平投手とは?ドラフト候補?球速や球種は?

      2017/03/29

難波侑平投手は春の甲子園にも出場する創志学園高校に所属する投手です。ここでは、その難波投手について調べてみました。

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・178cm/75kg
  • 高校・・創志学園高校
  • 出身・・岡山県

岡山県出身の選手で、高校も同じ岡山県の創志学園高校に進んでいます。身長、体重はそれぞれ178cm/75kgとまずまずの体格をもっています。

創志学園では入部してすぐの1年春からベンチ入りし、秋からはレフトでレギュラーを勝ち取っています。巨人にドラフト5位で指名された高田萌生がいたこともあり、投手として登板することは多くなかったですが、2016年の夏の甲子園では1度登板しています。

高田ら3年生が引退してからは高校野球の華ともいえる4番エースで出場し、春の甲子園の切符を掴みました。

球速や球種

ストレートの球速はMAX145km/h、平均すると130km/h後半程度と、際立ってはいませんがまずまずのスピードもあるようです。一冬超えて成長していれば、最高球速の更新も期待できるかもしれません。

変化球はスライダー、フォーク(スプリット?)、チェンジアップ、ツーシームなどといった球種をもっているようです。球種の豊富さも持ち味といえる投手です。

2016年秋の成績

比較的データがそろっている中国大会での成績を見てみると、以下のようになっています。

3試合3先発/23イニング/被安打20/与四球7/奪三振8/防御率1.96

被安打率、与四球率、奪三振率はそれぞれ7.83,2.74,3.13となっています。強豪ぞろいの中国大会での成績なので、県大会などもう少しレベルが低い相手も加えるともっとよい数字になると思います。安打数などの数字は特別際立ってはいませんが、安定感のある投手で、大量失点することは少ないのも長所です。

指標から見ると良い点をいえばコントロールがよいこと、改善したいところは三振が少ないところ、といった感じでしょうか。コントロールは比較的良さそうなので、打たせて取れればそれで問題ないのですが、上のレベルを考えれば更に三振を取れる投球、ボール自体のレベルアップにも期待したいです。

ドラフト候補?

まださほどドラフト候補として注目されている投手ではありませんが、甲子園に出るチームで4番エースを務めるなど実力者なので、マークしている球団も有ると思われます。

体格やフォーム、球速などに関して明確にプロが好みそうな部分がまだないこともあり、今の感じだと大きく成長しなければ上位指名の可能性は低いと思います。今後の成長次第ですが、コントロールが良いなど力のある投手でバッティングも良いため、プロを志望すれば指名の可能性もありそうです。あるいは大学や社会人に進んでさらに力をつけることを考えるのもありでしょう。

参考:2017年ドラフトの上位候補

投球動画

 

最後に難波投手の動画を紹介します。見ての通り右のオーバースローの投手です。

 - 高校野球