WBC韓国代表のメンバーを紹介!メンバーや注目選手は?

   

日本の隣の国・韓国においても、WBCは毎回高い注目を集めています。では、今回の韓国代表のメンバーはどのような感じなのでしょうか。ここでは、2017年WBCの韓国代表のメンバーを紹介します。

韓国代表のメンバー

投手

  • チャ・ウチャン
  • チャン・シファン
  • チャン・ウォンジュン
  • イ・ヒョンスン
  • シム・チャンミン
  • イム・チャンミン
  • イム・ジョンウ
  • オ・スンファン
  • パク・ヒス
  • イ・デウン
  • ウォン・ジョンヒョン
  • ウ・ギュミン
  • ヤン・ヒョンジュン

捕手

  • キム・テグン
  • ヤン・ウィジ

内野手

  • ホ・ギョンミン
  • キム・ハソン
  • キム・ジェホ
  • キム・テギュン
  • イ・デホ
  • オ・ジェウォン
  • パク・ソクミン
  • ソ・ゴンチャン

外野手

  • チェ・ヒョンウ
  • イ・ヨンギュ
  • ミン・ビョンホン
  • パク・コンウ
  • ソン・アソプ

日本の野球ファンならおなじみの李大浩や、かつてロッテでプレーした金泰均、阪神からMLBへ移籍したオ・スンファンなども名を連ねています。それ以外は韓国の国内リーグのメンバーが中心となっています。

また、一時期DeNAへの移籍が噂されるも、結局日本への移籍は実現しなかったヤン・ヒョンジュンもメンバーに選ばれています。日本を苦しめた経験もある左腕のキム・グァンヒョンは、故障の影響でメンバーから外れました。

注目選手は?

では、韓国代表の中で注目すべき選手はだれなのでしょうか。

イ・デホ(李大浩)

昨季はMLBに移籍し、打率.253/14本という成績を残しました。プラトーン起用だったため十分な出場機会が得られず、今年からは古巣でもある韓国のロッテ・ジャイアンツへの復帰が決まっています。

日本でもオリックスとソフトバンクに計4シーズン在籍し、安定した成績を残しました。そういったよりレベルの高いリーグでの実績を考えると、彼が今のところ今回の韓国の打者の中ではナンバーワンといってもいいのではないでしょうか。

キム・テギュン(金泰均)

2010~11年にロッテ・マリーンズに在籍した選手で、日本人でもご存知の方は多いと思います。日本では最初こそ目立ったものの、やや尻すぼみになり2年目は31試合の出場に終わってしまいました。12年からはハンファに復帰し、今季の韓国リーグでは.365/HR23本という成績を残し、出塁率は.476で最高出塁率を記録しました。

オ・スンファン(呉昇桓)

2015年まで2シーズン阪神タイガースの抑えをつとめていた選手で、2年連続セーブ王を獲得したことは記憶に新しいですね。昨年はMLBのカージナルスへ移籍し、76試合に投げ防御率1.92、19セーブという素晴らしい成績を残しました。今季はクローザーとして期待される投手です。

ヤン・ヒョンジョン(梁玹種)

2014年オフにはMLBへポスティングされたこともある投手です。その時は入札価格の少なさからMLB挑戦は断念し、オフにもDeNAベイスターズへの合意が噂されながら、結局は韓国の起亜タイガースへ残留が決まった投手です。

左腕投手で、去年は10勝12敗/防御率3.65いう成績を残しています。2年前の2015年シーズンには防御率2.44と最優秀防御率を受賞しましたが、それ以外のシーズンでは3点台や4点台が多いです。とはいえ、韓国リーグの打高を考えればよい投手であることに変わりはありません。

チェ・ヒョンウ(崔炯宇)

2016年の韓国リーグ首位打者と打点の二冠王を獲得した外野手です。今オフにFAを行使し、韓国の巨人ともいわれる三星ライオンズから起亜タイガースへ移籍しました。

昨季の成績は.376/HR31本,144打点と破格の成績で、46本の二塁打を放ちこれは韓国リーグ史上最高記録です。

パク・ソンミン(朴錫珉)

2011年に設立されたまだ新しいチームであるNCダイノスに所属する内野手です。昨季は韓国リーグで打率.307/32本を記録しました。

チャン・ウォンジュン(張元準)

昨季は打高の韓国リーグで15勝6敗/防御率3.34という成績を残しました。韓国リーグでは7年連続で2ケタ勝利をマークしている韓国球界でもトップクラスの左腕です。

 - WBC