キューバのヨアンニ・イエラとは?球速、球種、成績など

      2017/03/04

ヨアンニ・イエラ投手は、今回のWBCキューバ代表に選出されている左腕で、キューバ代表の中でもトップクラスの実力を持っています。場合によっては初戦の日本戦の先発の可能性も考えられる投手です。ここでは、そういったイエラ投手を紹介します。

経歴・プロフィール

  • 生年月日・・1989年10月18日
  • 身長/体重・・170cm/75kg
  • チーム・・ココドゥリロス・デ・マタンサス

かつて日本ハムでプレーしたミチェル・アブレイユがプレーしていたココドゥリロス・デ・マタンサスでプレーしているサウスポーです。現在27歳で、脂ののった年齢の投手だといえるでしょう。170cm/75kgと小柄な投手ですが、2016-17のキューバリーグで奪三振王を獲得するなど実力はキューバの中でもトップクラスです。

今回のWBCキューバ代表に選ばれており、他にもプレミア12などのキューバ代表に選ばれた経験もあります。2017年WBCキューバ代表に関しては以下のページを参照してください。

日本と初戦で対戦!WBCキューバ代表とは?注目選手は?

2016-17シーズンの成績

キューバリーグの2016-17シーズンの成績は以下のようになっています。

20試合19先発/119.1回/13勝2敗/26四球/123三振/防御率2.41

先発を務めながらイニング以上の三振を奪っており、奪三振能力が非常に高いことが伺えます。119.1イニングで四球は26個と少なく、コントロールも優れている投手だといえるでしょう。こういった数字を見ていると、13勝2敗防御率2.41と優れた数字を残したのも頷けます。

球速や球種

球速は基本的には90mph(145km/h)程度です。時折91mph(約146km/h)以上の球もあり、体格の割には速い球を投げられる投手です。変化球はスライダーやカーブなどで、コントロールもよく三振を奪えるタイプのようです。

投球動画

最後に、イエラ投手の投球動画を紹介します。

キューバの選手はなかなか良い動画が見つからないのですが、赤いユニフォームの58番のサウスポーがイエラ投手です。14分あたりのところから登場します。ややトルネード気味に捻るフォームが特徴的です。

 - WBC